MENU

低金利のマイカーローンの見つけ方

低金利マイカーローン比較をしていると、ネット銀行かJAバンク・ろうきんなどがヒットします。

 

ネット銀行が低金利な理由は、店舗費用が必要なく人件費も抑えられることで低コスト運用が可能なことが挙げられます。

 

24時間いつでも申し込みができて、手続きや審査結果の連絡など全てメールか電話で行われます。

 

審査通過後の必要書類(年収証明・源泉徴収票・所得証明書・納税証明書・住民票・運転免許書・保険証・パスポート)や自動車の注文書・見積書なども写メやFAXで送付することが可能です。

 

店舗窓口で銀行ローンを申し込む場合は平日の営業時間内に銀行窓口に行く必要があり、書類の不備などがあれば改めて店頭に出向いて手続きをしなければなりません。

 

金利が安いうえに、契約までの手続きが面倒でないことがネットバンクのマイカーローンのメリットです。

 

ちなみにネット銀行でもマイカーローンを取り扱っている銀行は少なく、ソニー銀行や楽天銀行などではマイカーローンというサービスは提供されていません。

 

低金利のマイカーローンを提供しているのは、住信SBIネット銀行のMr.自動車ローンのみとなります。

 

しかしネット銀行以外でも、WEB申し込みを受け付けている大手都銀や地方銀行などもありますのでチェックしてみてください。

 

都銀の場合は、三菱東京UFJ銀行マイカーローンは保証料込みで金利が安いと評判です。

 

他にも静岡銀行や関西アーバン銀行も低金利マイカーローンとして人気があります。

 

手数料込みで金利が安いうえに、手続きもしやすいので多くの人が利用しています。

 

デメリットとしては、ローンの相談ができないことをあげる人がいます。

 

確かに銀行の店頭窓口の場合は、直接ローンについての相談ができるので安心できます。

 

しかし、最近のWEB申し込みのマイカーローンでも、電話などで直接相談できるサービスを提供する金融機関も増えてきました。

 

また、サポート力の高いローンサービスとしては、ディーラーローンがあります。

 

車両本体を購入するカーディーラーでディーラーローンを申しこめば、手続きなどはディーラー担当者がサポートしてくれます。

 

審査時間も早く、即日審査も可能な場合があります。

 

審査も銀行と比較すると厳しくない傾向にありますが、金利が高いことが難点です。

 

ネット銀行などの低金利マイカーローンの金利が年2%〜年4%くらいまでなのに対し、ディーラーローンの場合は8%以上の金利設定もあります。

 

 

 

 

 

 

ディーラーローンの魅力について

金利だけを比較するとカーディーラーは魅力がないように思うかもしれませんが、総返済で考えると数万円程度の場合もあります。

 

借入額や借入期間によって金利差による総返済額の違いは変わってくるので、借入額が少なく返済期間が短い場合は多少金利が高くてもディーラーローンを選ぶ選択肢もアリです。

 

金利が安いマイカーローンも場合は、審査も厳しく借入先を見つけるのに苦労することもあります。

 

特に新入社員や転職してすぐの勤続年数が短い人や、年収が低い低年数の人などは、返済能力が低いと判断されるために厳しいかもしれません。

 

両親などに保証人になってもらうことはないかもしれませんが、金利が高くなったり借入額が少なくなったりすることはあります。

 

もちろん自己破産や債務整理などをした人は審査に通りませんし、他社借入額が多い人も収入に対する返済比率が高いために審査落ちする可能性が高くなります。

 

そのようにローンが組めない人もディーラーローンで相談してみると、借入れできる可能性も高くなります。

 

高級車や高級RVなどは難しいかもしれませんが、車両本体価格が150万円くらいまでの軽自動車や小型普通車などであれば借入額も少ないので審査に通る確率が高いかもしれません。

 

更新履歴